愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。 愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。

Blog絆ブログ

お昼からのお葬儀

お葬儀の一日の流れとして、皆様はどのようなイメージをお持ちでしょうか。

朝10時くらいからお葬儀が始まって、火葬場で火葬を待つ間に食事をして、お骨を拾ったら葬儀会館に戻る。そして、初七日のおつとめをし、精進落としの食事をしたら、お花や果物のお下がりをもらって帰る…。
おおよそ、こんなところでしょうか。

ただ、お寺様のご都合や火葬場の状況、またはご親族様のご都合などで、お葬儀の開始がお昼の時間になる場合もあります。開始時間としては、大体、12時から14時くらいでしょうか。
やることは上記のお葬儀と同じですが、ひとつ挙げるとするならば、お食事が変わってきます。

火葬場でのお食事は、昼食としてとることがほとんどです。
しかし、例えば12時式だと、火葬場でお食事をとれるのが早くても13時30分ごろになってしまいます。
ですので、お昼の時間に始まるお葬儀の場合、火葬場でお食事をするのではなく、開式前にお食事を済まされ、火葬場にはお菓子を持っていくに留めることが多いです。

ご参考になりましたら幸いです。

平安会館 文十鳳凰殿

担当 久保 優里香


平安会館・文十鳳凰殿 公式Instagram・Facebook・Twitterでも葬儀の様子や豆知識などをご紹介しております。
ぜひご覧ください!

◇平安会館

はこちら

はこちら

はこちら

◇文十鳳凰殿

はこちら

はこちら

はこちら