愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。 愛知県岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜・碧南・西尾の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。

Blog絆ブログ

神々の住まう世界より子孫たちを見守りください

寒さ一層厳しく感じる師走の候、愛知県安城市にございます【平安会館 安城斎場】にて〈家族葬〉をお手伝いさせていただきました。

ごくごく少人数で執り行われた式は、日本固有の神葬祭のお葬式でした。

お式の中で行われたのが、玉串奉奠(たまぐしほうてん)です。
〈玉串〉とは御神事での参拝者や神職が神前に供える物で、木綿(ゆう)や紙垂(しで)と言われる物を榊(さかき)の小枝に付けたものであり、これを捧げることを〈玉串奉奠〉といいます。
お一人お一人、故人様への想いを込めて、行っていただきました。

滞りなく式辞は進み、お別れの時間を迎えました。
ご家族様が「いっぱいお花で飾ってあげよう」とお柩の周りへ集まり、お花を手向けながら、ゆっくりとした時間を過ごしていただきました。

「人はみな神の子であり、この世での役割を終えると神々の住まう世界へ帰り、見守る」といわれています。故人様には、これからも変わらず皆様を見守っていてほしいと願い、ご一緒に見送らせていただきました。

平安会館 安城斎場

担当 小林 孝教


平安会館・文十鳳凰殿 公式Instagram・Facebook・Twitterでも葬儀の様子や豆知識などをご紹介しております。
ぜひご覧ください!

◇平安会館

はこちら

はこちら

はこちら

◇文十鳳凰殿

はこちら

はこちら

はこちら