愛知県西尾・碧南・岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。 愛知県西尾・碧南・岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。

Blog絆ブログ

感慨深い…

先日お手伝いさせていただいたお式でのこと。

仏弟子としての名「法名」について、この度どの様に考えられ
つけられた法名なのかの導師様よりのお話に耳を傾けました。

故人様はひらがなで「のぶ」が使われたお名前の方。
そして喪主を務められたご長男は「喜」が使われたお名前の方。

「喜」は「喜ぶ」とも読み「のぶ」とも読む
ご長男がお生まれになり、さぞ喜ばれたからこそ付けられた
「喜」を使われたお名前。そしてその「喜」をご本人の名前
「のぶ」とも読めることから、悩みに悩んだ末付けられたという
「喜」の一文字を用いた法名。

俗名でも法名(戒名)でも
何か意味をもって付けらる『名前』というものに
何か感慨深いものがあった一日でした。

 

文十鳳凰殿 平安会館 家族葬の結家
榊原 裕子

 


平安会館・文十鳳凰殿 公式Instagram・Facebookでも葬儀の様子や豆知識などをご紹介しております。
ぜひご覧ください!

◇平安会館

はこちら

はこちら

◇文十鳳凰殿

はこちら

はこちら