愛知県西尾・碧南・岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。 愛知県西尾・碧南・岡崎・豊田・安城・刈谷・高浜の葬儀・家族葬なら「文十鳳凰殿」。24時間年中無休でご依頼いただけます。シンプルな直葬から身近な人で見送る家族葬・伝統的な一般葬までお客様のご要望にお応えいたします。

Blog絆ブログ

決めるという覚悟

お葬儀のお手伝いをさせて頂いて、よく耳にするフレーズに「それはしても良い事?これはしなければいけないの?」という言葉たちがあります。参列をするだけならともかく、ご自身でお葬儀を執り行うことは、人生において、そう何度も経験することではありません。まして、初めの経験から何年も経てば、何が変わって、何を変えずに行わなければいけないのか…。けれど、それを決めるのは誰? そう問うと、どなたも一様に、驚いた顔をなさるのです。ご家族ご親族、導いて下さる宗教者、お世話になったご町内、古くからのご友人…。きっと、ご意見を下さるのは、どなたも大切な方ばかり。大事な家族を一緒にお送りくださる方々のことも、大切にしたい。これまで親族で大切にしてきた風習も、守りたい。宗教者さまや、ご町内とのこれからのご縁を、円滑なものにしてゆきたい…。きっと、選択肢は山ほどあって、でもそのどれもが、間違いではないのでしょう。

「決める」ということには、覚悟が要ります。まして、人生一度のお葬儀のこと。それは、十分に準備期間があって迎えることなのかも知れないですし、突然訪れるのかも知れません。あなたにとって、その時に寄り添って下さる方は誰でしょう。それは、あなただけで決められる事ですか。ひと昔前までは、生前に葬儀のことを決めるなんて縁起でもない、不謹慎だ、そんなお声も聞こえてきました。けれど、以前よりも、人と人との距離が広がり、絆が薄れたように感じる昨今、頼れる方、大切な方がお元気なうちに、笑い話としてお話ができるうちに、お葬儀の事に、もっと触れてもいいのかもしれません。私達葬儀社は、勝手に決定することはできません。けれど、ご相談に乗って、一緒に進んでゆくことができます。大切な方とのご相談だけでは決まり切らないこと、さらに突き進んで、ご不安なこと、365日、24時間、いつでも、お手伝いさせて下さい。皆さまの選択肢のひとつになれるよう、日々精進してまいります。

 

文十鳳凰殿 平安会館 スタッフ一同